コートヤード・バイ・マリオット 大阪本町 宿泊紀 プラチナ特典でコスパ良くお得に宿泊できます。

コートヤードバイマリオット大阪本町 Marriott Bonvoy

2021年7月初旬 大阪本町にあるコートヤード・バイ・マリオット大阪本町に宿泊してきました。

マリオット会員のプラチナエリート以上の方はコスパ最高のお得すぎる滞在ができましたので紹介したいと思います。

特にエリートモーメントと呼ばれるサービスが良かったです。(後述)

コロナ禍の宿泊となりましたので、日々サービス内容で変更等がある可能性があります。

あくまでも2021年7月の宿泊紀と御了承のうえ、ご覧ください。

ホテルエントランス

ホテルのコンセプト

ホテル玄関

繊維問屋等で栄えた土地柄を生かし「織物」をテーマとしたデザインをコンセプトに、縦糸と横糸が織り成すような格子デザインの外観と日本情緒を感じる植栽を配したエントランスがお客様をお迎えいたします。とのこと

ホテルエントランス

ホテル玄関は2重扉です。

ロビーへ続く通路
ロビー

明るい館内はそこまで広くはないですが、スペースを有効に使っているのが分かります。

ホテルフロント

フロントデスクは正面に二人分、右側面に一人対応できるようでした。

ロビーラウンジ(アトリウム)

ロビー

1階はフロントから振り返ると全てが見渡せてしまいます。

一番奥が「M18 Bar &amp Lounge」プラチナ会員以上の方は昼間はコーヒー、紅茶、ソフトドリンク、軽食、お菓子(フード系は無くなり次第終了になってました)などが無料でいただけます。

夜はハッピーアワーでお酒の提供があります。

一般の方は昼間は1,000円ほどで利用できますのでスタッフにお声がけください。

エレベーター

フロント左がエレベータホールです。

盆栽のようなアート

11階エレベーターホール

廊下の絨毯も織物を意識したデザインでしょうか。

ホテル廊下

今回のお部屋は11階のコートヤードキングルームと思われます。

というのもアクリル板があってはっきりと聞こえなかったので聞き流してしまいました。

この日は週末ですが、テレワーク組がすでに大勢宿泊しているようです。

なのでアップグレードらしきものは無く、低層階の予約から中層階よりやや上の階でのお部屋になっただけでした。

お部屋の紹介

部屋の玄関

最近のマリオット系列ホテルと似たようなデザイン。

ベッド周り

ダブルベッド

部屋のレイアウトはシンプルで、最近のマリオットホテルらしいレイアウトでした。

テーブル

丸いテーブルが大きくて使い勝手良かったです。

窓側のソファーがなんとも心地よくて長らく寝そべっていました。

窓からの景色

景色はビルと高速道路が見えるだけ

キャビネットの上には無料のお水が2本

ミニバー
お茶とコーヒー

引き出しの中にドリップ式のコーヒーと緑茶、紅茶、カップ類

冷蔵庫

冷蔵庫は空です。

せんべい

右のメッセージとおかきはフロントでいただきました。

おかきはちょっとつまむのにちょうど良い量でした。

ちょっとビールが飲みたくなるかも

四角いソファー

どちら向きに座れば正解なんだろうソファー

部屋から見たシャワールーム

部屋からはガラス張りのシャワールームが丸見え、その先のトイレまで見えてしまいます。

使用するときはロールカーテンを閉めました。

ベッドサイとのキャビネット

最近のホテルらしくUSBポートもありました。

クローゼット

ハンガーが無いと思っていたら、まさかの窓際のスペースがハンガーラックとは気がつきませんでした。

クローゼットの中

アイロン台とアイロンまで収納。このスペースによく入っていたと感心してしまいます。

金庫

ナイトウエアはワンピースタイプです。

テレビ

TVも大型で寝そべって見るのには丁度良い高さと大きさ。

大画面で映画を楽しめました。

水回り

シャワールーム

シャワーの圧力も問題なく気持ちの良い感じでした。

レインシャワー

レインシャワーも完備。いつも使わずじまいです。

シャワールームから見た部屋

やはり部屋が丸見え

洗面台

白を基調とした水回りは綺麗で清潔でした。

アメニティー

アメニティ類はいたって普通の品揃えです。

ドライヤー

普通のドライヤーの他にTESCOMスチームヘアアイロンが完備してました。

体重計

タニタの体重計もあります。

トイレ

トイレはウォッシュレット

とここでお部屋の紹介は終了

大浴場に向かいます。

大浴場

やはり足を伸ばしてゆっくりできる大浴場があると疲れが取れるというものです。

大浴場案内

タオル類は部屋から持参になります。

大浴場入口

カードキーでタッチして中に入ります。

大浴場洗面台

男性側の洗面台には特にアメニティー類はないです。

女子側も似たようなものかもしれませんので必要なものをお持ちした方が良いかも。

ロッカー

この先のお風呂は撮影禁止でしたので公式サイトよりお借りしました。

大浴場

こちらは女性側のお風呂だと思います。

実際に入った男性側は壁とお風呂の配置が真逆でした。

写真忘れましたが、お部屋のテレビから大浴場の混雑度が分かるようになっていました。

マリオットエリート会員特典

ここからはプラチナ会員以上の方が受けられる特典を紹介したいと思います。

朝食が無料

16時までのレイトチェックアウト

ウエルカムギフト(ドリンクとナッツ程度のセットor500ポイントを選べます)

エリートモーメント

こちらのホテルはクラブラウンジは無いのですが、その代わり他では見られない「エリートモーメント」を実施しております。

こちらのホテル独自の対応であり、他のマリオット系列ではあまり見られないサービスです。

特典

左のカードを見て貰えますとエリートディナー/エリートアワーとあります。

宿泊前にホテルから下記のようなメールをいただきましたので紹介します。

ELITE MOMENT.】エリートモーメント(プラチナエリート会員様以上のみの特典)
エリートディナー】(17:30-20:00, L/O=19:30)ミニコース仕立てのディナーもしくは、【エリートアワー】(17:30-20:00, L/O=19:00)特製前菜盛り合わせボックス付きハッピーアワーのお好きな方をお選びいただけます。

お食事を楽しみたいメンバー様は、エリートディナーをお選びください。スープ、ミニサラダボウル、複数の選べるメイン、ライスまたパン、デザート、コーヒーまたは紅茶。

お酒を楽しまれたいメンバー様は、エリートアワーをお選びください。今まで以上のお酒のラインナップをご用意いたします。

メンバー様のライフスタイルに合わせてお選びくださいませ。

 ・エリートディナーは、メンバー様レベルに応じて選んでいただけるメインが異なります。3種類のメインからお選びいただくことができます。

・エリートディナーでは、お子様専用のディナー(エリートキッズディナー)をご用意しております。小学生のお子様2名様まで無料でご提供させていただきます。3名様からはお子様1人につき999円(税込)でご案内可能でございます。

・エリートアワーは、未成年者様のご利用はできません。また、ご同行もお断りいたします。

ということで今回の宿泊はディナーを選んでみました。

後ほど紹介します。

ロビー

M18 Bar &amp Lounge

プラチナ会員以上の方は昼間はコーヒー、紅茶、ソフトドリンク、軽食、お菓子(フード系は無くなり次第終了になってました)などが無料でいただけます。

夜はエリートアワーの会場になります。

ドリンク台
ドリンクバーガン

ジュース類はないのかと思っていたところバーガンなるものを発見

ティータイム

めでたくオレンジジュースにありつけました。

感染症対策

感染症対策のアクリル板も設置

エリートディナー

2階のレストラン『STITCH」に17時半から開始されるエリートディナーを楽しみました。

夕食がコース料理で提供いただけるのは初めてかもしれないです。

Courtyard Osaka Honmachi
Enjoy delicious dining at Courtyard Osaka Honmachi in our onsite restaurant serving a selection of international dishes for breakfast, lunch and dinner.
レストラン入口
ディナーメニュー

プラチナ会員以上の方が無料でいただけるのですが、その中でもランクによって無料でいただけるメインディッシュが違います。

ここで会員の格差を感じられました。

プラチナ会員が増えた昨今、このようなところでランク分けがされていたとは。

この先、似たようなことが起きるかも

例えばクラブラウンジはチタン会員以上からとかのホテルも出てきそうです。

スープとミニロールキャベツ

ポタージュ&ポーチドエッグにミニロールキャベツ

サラダ

ミニコースとはいえ、普通にホテルで食べたら結構な料金なのでは無いでしょうか。

ハンバーグステーキ

近江牛入ハンバーグステーキを注文しました。

ハンバーグのソースが本格的でした。

ボリュームもあり、お腹がいっぱい。

デザート

最後のデザートはもう少し食べ応えのあるスイーツが欲しいところ。

コーヒーか紅茶もついてました。

朝食は3部制

土日は混雑を避けるため7時から1時間毎の3部制になっていました。

品数は豊富でどれから食べていいか悩むほどです。

朝食会場

予約は7時でしたが皆さん早起きでそれなりに混雑してました。

遅い時間の方がよかったかな。 参考までに。

ビュッフェ1
ビュッフェ2

朝カレーも食べたくなりますよね。

ビュッフェ3
ビュッフェ4
ビュッフェ5

なぜかこのコーナーにフレンチトーストが置かれていました。

最初は厚揚げか何かと思いました。

ビュッフェ6
ビュッフェ7
ビュッフェ8
ビュッフェ9
ビュッフェ10
ビュッフェ11

この辺りには大阪らしいメニューが並んでいました。

串カツとたこ焼きは関西圏以外からの宿泊客には嬉しいかも

朝食

結局、大阪を味わいたくて串カツとたこ焼きメインになってしまいました。

焼き魚は鯛

本日の焼き魚は鯛の塩焼きでした。

卵料理は和食風に目玉焼きにしました。

デザート

フルーツのスイカは今シーズン初めて食べました。

朝食は関西地方の食材を使った地元大阪の味を楽しめましたので大満足です。

その他

お土産コーナー

お土産コーナー

フロント脇には大阪のミニお土産コーナーが設置されてます。

貸自転車

貸し自転車

レンタサイクルもありますのでちょっとの時間を自転車を使ってミニ観光もできそうです。

フィットネスセンター

予約制でしたので公式サイトよりお借りした画像となります。

今回は短時間の滞在でしたので利用できずでした。

アクセス

立地は大阪メトロ中央線・堺筋線の堺筋本町駅 8番出口からすぐ

大阪メトロ御堂筋線・中央線・四つ橋線「本町駅」から徒歩約5分ほど。
地下鉄3路線が利用できるロケーションにあり便利。

地下鉄の駅
地下鉄の入口

降りる場所さえ間違えなければ目の前がホテルという立地

私はビルを挟んで反対側の違う番号の表に出てしまったのでホテルが見えなく焦りました。

駅の目の前のビル

地下鉄から表に出ると右正面のビルがホテルです。

なんでも駐車場が無いとかで、車で来るより公共交通機関を利用のうえ、堺筋本町駅まで来るのが一番コスパが良いのでは無いでしょうか。

宿泊した感想

地下鉄駅が目の前のため、立地は最高。

1分もあれば到着なので天気の悪い時には嬉しいです。

大阪のホテルはホテル乱立により部屋単価が下がってきているようなのでマリオット会員ランク上げの修行にも良く関西圏に住んでいる方が羨ましくなります。

ちなみに今回の宿泊は週末でしたが、9800円+1000ボーナスポイント付きプランで宿泊しました。

マリオット会員になってプラチナ会員以上の方はとてもリーズナブルに宿泊ができることは間違いありません。

朝食、ディナーコースがついてこの値段で宿泊できればコスパは最高に良いです。

次回宿泊も候補に入れたいひとつのホテルになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました