ディズニーオフィシャルホテル「 シェラトン舞浜 」リニューアル グランデルーム 他のお部屋との比較、シェラトンクラブの変更点など盛り沢山に紹介します。

2022年9月5日

ホテルエントランス

2022年8月最終日に宿泊してきました。タイトルでシェラトン舞浜って記載しましたが、わかりやすく表記しただけで本当のホテル名は「シェラト・グランデ・ トーキョーベイ ホテル」が正式名です。でも一般的にはシェラトン舞浜で呼ぶ方も多いかと思いますので敢えてタイトルにしてみました。

そのシェラトン舞浜ですが、前回2022年6月末に宿泊して2ヶ月が経ってしまいましたが、その間に変更があっリマした。変更点で気がついた点では、シェラトンクラブのカクテルタイムフード類、お部屋備え付けのシャンプーなどのブランド変更などがありましたので今回はその点をお伝えしたいと思います。

ホームページに7月に体制が変更になったような記述も見かけたのでその関係でしょうか。

また、シェラトンクラブについては別の記事で詳しく紹介していますので併せてご覧になっていただければと思います。

ちなみに私はマリオットのエリート会員のため、お部屋のアップグレードの恩恵が受けられますことお含みください。

11階グランデフロア

今回宿泊したのは1160号室、実に同じ部屋に3回目の宿泊です。なぜにこんな大型のホテルで同じ部屋が3回かというと使い勝手が良いからです。と言うか宿泊の際にメディアハブが使える部屋で希望を出しているからこちらの部屋になってしまうらしい。 下のクラス?パークウイングは全室メディアハブがついていると思います。

1160号室

メディアハブが備わっている部屋は知っている限りではクラブフロア、パークウインング、グランデルームの一部です。1160号室はグランデルームには少ないメディアハブが備わっている部屋のようです。メディアハブについては後ほどお伝えします。

ここ最近のアップグレードは前回の6月にスイートルーム、5月にパークウイング2回、4月に1160号室が2回と言う感じです。その前がクラブフロアルームでした。

でも、お部屋の使い勝手が一番良いのは、スイートルームは別格として、クラブフロアのお部屋?いいえ、グランデルームなのです。

なぜかはこれから紹介しますのでご覧になってください。

グランデルーム

グランデルームはダブルベッドが2台です。広々と使えて少しぐらい斜めに寝ても。寝返りも問題無し。

ダブルベッド2台

ここでパークウイングのベッドですが、ベッドはシングルタイプになってしまい狭いのが難点。

ベッドサイドにはデジタル時計にラジオ?アナログっぽいデス。

ラジオ

同じ部屋なのに椅子に違いがあるのを発見。今回8月末に宿泊した椅子はこちら

ソファー

下が4月に宿泊した際の椅子 4ヶ月なのに案外変わる物なのですね。

椅子&テーブル

グランデルームはバルコニーが付いてます。パークウイングには無し。特に海側の開放感が半端ないです。
海のリゾート地に来たみたいです。

バルコニー

夜はプールがライトアップされて綺麗です。

夜景

机の上のひまわりが夏っぽいです。

デスク上の絵は水彩画のようですが、よく見ると貼り絵で所々剥がれてきてます。87年とかサインが見えたのでオープン当時からのもの?

デスク

TVボードと一体型のチェスト ミニバーも兼ねてます。

お水は「いろはす」2本が無料。緑茶と紅茶のティーバッグ、ドリップコーヒー各2です。クラブフロアに宿泊するとコーヒーマシーンが備わっていますがあまり使った事無し。

テレビ一体型チェスト

チェストの引き出しが少し開いている段は浴衣が入ってました。

ちなみに浴衣は室内専用なので浴衣でホテル内を歩くことはNGですのでご注意ください。もちろん大浴場(舞湯)にいくのもNGです。たまに着ている方見かけますがダメですよ。あと室内スリッパも同じです。

たぶんですが、引き出しに注意書きが無いのと大浴場があるので着てしまうのでしょうね。引き出しに案内とかがあると間違えないと思うのですが。

浴衣

浴衣の隣の扉は空の冷蔵庫

冷蔵庫

ちょっと寂しい引き出しグラスのみ。

グラス

グラスとカップ引き出しを分ける必要あるのでしょうかとちょっと疑問。

カップ

こちらがメディアハブ。 スマホから音楽が聴けたり、blutoothが使えたり、 HDMI端子からゲーム機や映画を見ることができます。これが無いとホテルステイの楽しみが半減してしまいます。(個人的な見解です)

メディアハブ

旅先、ホテルステイの時はamazon firetv stick 4kを持参しているので、HDMI端子が使える部屋が必須。他のグランデの部屋だとテレビがボードに括り付けられてHDMIが使えない部屋がありますので、その時にお願いしたらこちらの部屋を用意してくださいました。それ以来、この部屋に案内されることが増えました。

環境音楽

ホテルの部屋で映画を見たり、環境音楽を聴いて癒されるのが目的でもあります。皆さんも如何でしょうか。

クローゼット

クローゼットの中は金庫、体重計、室内スリッパ

クローゼット

反対側にバスローブ二人分完備。
そういえば、アイロンとアイロン台が無い。このクラスのホテルだとアイロンとか、ズボンプレッサーは必ずあるのですが。

バスローブ

水回り

実はここが一番変わったと思います。

ハンドソープ、ボディーミルク、シャンプー類が一新しました。

洗面台上には以前はマウスウオッシュもありましたが無くなりました。ボディーローションはミニボトルタイプでお持ち帰りも出来ましたが、それが出来なくなりました。

洗面台

洗面台と隣にウオシュレットトイレ

洗面台&トイレ

洗面台の上のボディーローションとハンドウオッシュ メーカーはGILCHRIST&SOAMESとありました。初めてのブランドですが、調べたらイギリスのブランドとの事。以前の香りよりはこちらの方が個人的には好きかな。 石鹸もこちらのブランドで統一してました。

ハンドーソープ&ボディーローション

洗面台の引き出しにヘアブラシと髭剃りが各2個

アメニティ

反対側の引き出しには歯ブラシ、コットン、綿棒など。他に必要な物はお持ちください。

歯ブラシ、綿棒

バスルーム

グランデフロアとパークウイングのバスルームは洗い場付きでシャワーも気兼ねなく使えます。
意外にもクラブフロアのお風呂事情はユニットバスタイプでお風呂(シャワー)、トイレ、洗面台が一体で使い勝手が悪いです。お子様連れだとこちらのお部屋の方が使い勝手が良いと思います。

バスタブ

シャワーも気兼ねなく使えて嬉しい。 ただ、以前は黄色の大きなボディータオルとかあったのに無くなったのは残念。

シャワー

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープもGILCHRIST&SOAMESで統一。

香りが良くなりました。

バスアメニティ

クラブフロアはミニボトルタイプが置いてあるのかは宿泊してないので不明。

下が以前のタイプ

シャンプー

シェラトンクラブ フード変更点(マリオットプラチナ以上の会員向け)

クラブラウンジ銘板

クラブラウンジのフードも変更になってました。

泡の銘柄が変更になってました。前のよりマイルドな感じ?

スパークイリングワイン

ワインに合わせてチーズが登場。確か7月以前には無かったはず。

チーズ

チーズに合わせてクラッカーとか。

クラッカー

パンも朝食だけでしたがカクテルタイムに登場。 右のパンが好きで朝食時によく食べてた。

パン

野菜スティックは前からあった

野菜スティック

サーモン、プロシュート、ミートパテなど オードブル系が増えた印象。

プロシュート

こちらもオードブル うずらの卵のタルト、ベジタブルラップサンド、シュリンプマリネ

ベジタブルラップサンド

この辺りから定番。 フォッカチャのピザトースト

ピザトースト

豚肉のグリルとカボチャ カボチャが甘くて美味しかった。

豚肉のグリル

ローストチキンの照り焼き

チキンの照り焼き

ローストサーモン

ローストサーモン

シュリンプソテー

シュリンプソテー

ご飯物にたまごチャーハンが登場。これから定番になるのか、混ぜご飯などと日替わりになるのか。

たまごチャーハン

下はチャーハンのトッピング。こんなにもってくらい多い

トッピング

醤油餡掛けなるものもお目見え。食べ方が分からずチャーハンに乗せてみた。(合ってるよね)

醤油餡かけ

美味しそうなのでひと通りオードブル持ってきました。

食したもの

オードブルが増えました。

オードブル
野菜スティック
カクテルタイムフード

まとめるとこんな感じです。

カクテルタイム

ご飯ものはチャーハンにトッピングいっぱい乗せてみた。

たまごチャーハントッピング

こちらは餡掛けバージョンですが、気持ちしょっぱめな感じです。

チャーハンの餡掛けバージョン

スイーツ系は5種類です。

デザート

フルーツはメロン、グレープフルーツ、スイカの3種類。

フルーツ

スイーツは結局全て持ってきていた。

デザート

シェラトンクラブの詳細、朝食は下の記事をご覧になってください。

宿泊のまとめ

紹介したように、グランデルームはベッドがダブルサイズ、お風呂洗い場付き、バルコニーもあるので使い勝手が良い部屋です。皆様も予約する際にこちらの部屋を予約してみませんか。

同じ部屋で数回宿泊したからこそ分かるのですが、数ヶ月でホテルの備品などが変更になるとは思っていませんでした。ホテル側の宿泊してくれる方への配慮は相当な物だと感じました。館内全体で見ても細かな点は気がつかないことがたくさんありそうです。

他にもシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテルの記事を掲載しておりますのでカテゴリーからご覧になってください。