セントレジスホテル大阪 ストロベリーアフタヌーンティー「- 55 th Street, 5th Avenue -」行って来ました。

アフタヌーンティー アフタヌーンティー

2022年1月8日から開始したストロベリーアフタヌーンティー「フィフス・アベニュー・コレクション」をご紹介します。

セントレジスホテル伝統のアフタヌーンティーとのことで期待を持って出かけて来ました。

沖縄をはじめ新たにオープンした軽井沢から犬山など国内11か所の人気ホテル&リゾートで、ベストフレキシブル料金より最大20%オフになる「今すぐご予約、あとでお支払い」料金をご用意しています。IHGリワード会員様はさらにお得に!次の連休や、ゴールデンウィーク、夏休みのご旅行も、今のうちにお得にご予約ください。ご予約:2022年4月25日(月曜日)まで |ご宿泊:2022年9月30日(金曜日)まで
フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅

セントレジスバー

アフタヌーンティーはホテル12階のセントレジスバーでいただくのですが、ここのバーがとても素敵で、深い青緑色のパネルの壁や美しいブルータイガーズアイ色のバーカウンターに目を奪われてしまいました。

桃山時代を表現しているそうで、そのデザインを基調とした空間に、暖炉があったり、深いコーニスをあしらったシルバーに輝く天井や、上質な革の椅子やソファーなどが引き立って素晴らしい空間となっています。

セントレジスバー

セントレジスホテル大阪の宿泊記もご覧ください。

セントレジスホテル大阪 エグゼクティブスイートルームに宿泊してきました。
2022年1月の3連休に大阪まで出掛けて宿泊してきました。SPGアメックスカードを持ってからと言うもの、マリオット系列ホテルが主体の宿泊になっております。年末のリッツカールトン東京に続いて宿泊したのはセントレジスホテル大阪...

アフタヌーンティー

セントレジス・ニューヨーク創設者の母、キャロライン・アスター夫人が催したパーティーの伝統が今も息づくアフタヌーンティーは、素材を吟味して作られたセイボリーやモダンで上品なプチフールたちに心がときめきます。

「ストロベリー・アット・ザ・ベストアドレス - 55 th Street, 5th Avenue - 」をテーマに、ニューヨークファッションの注目トレンドを反映させたアフタヌーンティーをご用意します。

1904年創業「セント レジス ニューヨーク」の位置するニューヨーク5番街は、老舗デパートやブティックの本店などが立ち並ぶ、世界でも有数のショッピングストリート。

5番街の煌めくショーウィンドウに並ぶファッションアイテムをモチーフに、トレンドのエッセンスをプラスし作られた、カラフルでインスピレーションに溢れるスイーツとセイヴォリーが三段レイヤーに美しく並びます。

セントレジスホテル大阪 公式サイトより

今回いただいたのは2022年1月8日より開始となリマした。

ストロベリーアフタヌーンティー「フィフス・アベニュー・コレクション」

The St. Regis Afternoon Tea Ritual
Strawberry at the Best Address
- 55th Street, 5th Avenue -

アフタヌーンティーメニュー

メニューを見てもらうとわかる様にニューヨークの5番街を意識したおしゃれなイメージとなっていました。

先に言ってしまうと私は甘党な男性です。

今回いただいたアフタヌーンティは女性ターゲットだと思うので男性の私からするとちょっとやってしまった感が半端ない印象でした。笑

メニュー裏面

周りは女性グループばかり。

関東あたりだともっとカップルがいる想定でしたが大阪は違うのか?

ウェルカムドリンク

まずはウエルカムドリンクからフィフス・アベニュー

ウエルカムドリンク

上のクリームを溶かしながら飲んでくださいとの事です。

クリームソーダーっぽくなります。(下はソーダーではなかったと記憶)

アフタヌーンティー

セイヴォリー SAVORIES

ケーキタワーと別のお皿にセイヴォリーが提供されてきました。

  • トリュフ&エッグサンドウィッチ
  • ロブスターテルミドールキッシュ
  • ローストビーフ ストロベリージェリー
  • ハムとハーブクリームチーズ
セイヴォリー SAVORIES

男性からするとセイヴォリーの量がもっと多めが嬉しい。

特にサンドイッチは美味しかったので大きめにして欲しい。

甘いものを食べる前にいただきますが、今回は最後に残しておきたかった。

スコーン

こちらのスコーンは色鮮やかです。

  • ストロベリースコーン、プレーンスコーン
  • クロテッドクリーム ストロベリージャム
スコーン

スコーンに外せないクロテッドクリームは甘すぎず、贅沢にいちごジャムをたっぷりと付けていただきました。

お茶と一緒に

見た感じ全体的に甘めが多そうなので1杯目のお茶はハーブティーのカモミールにしてみました。

カモマイルティー

メニューに無いスイーツ

食べ始めるとメニューに無いこちら3種類のスイーツも運ばれてきました。

スイーツ

よく見ると右側のスイーツから色っぽい足が出ています。

3種類のスイーツ

男性が食べると怪しいことになりそう。

反対側で妻が笑いながら食べている写真を撮ってましたが見たら微妙でした。

スイーツ SWEETS

2段目と3段目は同じスイーツで2人分です。

  • クランベリーチョコチップケーキ
  • ストロベリーバッグムース
  • ストロベリーニューヨークチーズケーキマカロン
  • ベリーオペラ
  • ブラウニー
  • ドレスクッキー

ドレスクッキーの後ろに何やら隠れてます。

スイーツ

メニューにないクリーム系のスイーツを先に食べたせいか、さっぱりしたものが欲しくなりました。

個人的には生のいちごなど置いてくれると良かったのではと思いました。

マジパン?、アイシング?リボンとかバッグを作っている素材(詳しく無いのですみません。)が使われていましたが、リボンの付いたバッグは下の方が溶けていてお皿にくっついてしまっていたのは残念です。

それとちょっと甘さがしつこい感じがしたのは気になりました。

お茶のメニューです。

好きな紅茶を好きなだけ注文できます。

お茶のメニュー

バニラルイボスも捨て難いのですが、口の中が甘めなので2杯目はアールグレイにしました。

正統派らしくティーポットも替えてくれます。

アフタヌーンティーの感想

全体的な印象としては見た目はオシャレな感じでインスタ映えして良いのですが、スイーツは練り込んだものが主流で同じ味かな。

食べているうちに新鮮さに欠けてくるといった感じで二人とも最後は飽きてしまいました。

せっかくのストロベリーアフタヌーンティーなので生のいちごを置くだけでさっぱりとした感じになったのでは思いました。

もうちょっと飽きが来ない工夫が欲しい印象でした。

伝統のアフタヌーンティーの次回作に期待したいところです。

セントレジスバーの雰囲気は最高に良かったこと、お茶も美味しかった事は最後に言っておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました