東京から新幹線で行く北海道の旅 湯の川温泉と函館観光

函館山 おでかけ情報

北海道に旅行に行くと考えると「北海道=飛行機」と考えてしまうかもしれません。ところが、飛行機が苦手な方がすぐそばにいると飛行機での旅行は断念しなくてはなりません。そこで北海道でも函館だと飛行機を使わなくても4時間程で到着します。

北海道新幹線で行く北海道

東京駅から新函館北斗駅まで約4時間で到着します。何せ、途中の東北新幹線エリアでは最高速度は320kmですから東海道新幹線より早いです。

また、駅からすぐにアクセスできるのはいいですよね。この時間を考えると函館まで飛行機できた場合、羽田空港、函館空港のアクセス時間+待ち時間を考えると新幹線の方が早いかもしれませんね。

はこだてライナー先頭車

新幹線の終着駅の新函館北斗駅からは「はこだてライナー」で函館駅まですぐです。

先頭車の方が函館駅の改札が近いですよ。

函館駅

函館駅に到着です。

ローカル線の列車が1両で止まってました。

本日はこのままホテルに直行して温泉に入ってゆっくりしたいと思います。

函館駅前

ここからバスで約20分にある湯の川温泉が本日の宿泊地です。

湯の川プリンスホテル渚亭

本日の宿はこちらです。

以前にも宿泊したことがあるのですが、なんと言ってもお部屋に露天風呂があって海を眺めながら入れるのです。

ホテルロビー

こちらのホテル3月に、コロナに感染した旅行者が宿泊したことがあり、風評被害を恐れて自主的に休業したそうです。

6月いっぱい休業して、7月より再開となったと聞いて少しでもお役に立てればと宿泊することにしました。

ロビーに入ってすぐに検温です。以前はソファーに座ってウエルカムドリンクをいただきながらのチェックインでしたが、カウンターでのチェックインとなっておりました。

もちろん、仕切りがありますのでその辺はお互いに安心です。

部屋の中から海をみる

露天風呂

お部屋からは海が見えて波の音が心地よいです。

露天風呂

海が見える露天風呂付きの部屋を予約しました。

波の音と潮風が癒してくれますよ。

夕食は和も洋も豪華です。

夕食

そしてお待ちかねの夕食は特等席の海が見えるカウンター席に案内していただけました。

会場の入り口ではマスクをしていない人はマスクを渡しており、気になる方はゴム手袋の用意もありましたので配慮が伺えます。

ソーシャルディスタンスに配慮して、2部制に分けての夕食になります。

なのでゆったりとして夕食をいただけました。

基本はビュッフェですが、ほとんどが1皿ずつで準備されていました。

夕食

写真のようにすぐにテーブルがいっぱいになります。

洋食

ここのホテルの凄いところは洋食も充実しており、海鮮が苦手な方も満足していただける内容となっております。

写真はカレー、サフランライス、ステーキ、クリームシチュー、卵焼きです。

お肉が柔らかくて美味しかったですよ。たまらずお代わりしようか迷いました。笑

ここのホテルのお料理はどれも美味しいお料理でその場で調理しており、お皿にのせて渡していただけます。

写真は無いけどデザートも含めて大満足です。

漁り火

お腹いっぱいで戻って、露天風呂に浸かりながら、漁り火を見ております。

至福のひとときです。

波の音が心地よい感じで布団に入ってぐっすりと眠れました。

朝食は食べすぎに注意

朝は混まないうちに早めに会場に向かいました。

朝食

朝から海鮮丼を作って食します。

いくらのプチプチ感が首都圏では味わえない食感で、お代わりはいくら丼で再戦です。

食べるのに夢中で写真を忘れたのですが、朝も洋食が充実しており、特にパンの種類が豊富で、ほうれん草のパンがお気に入りになりました。

デザートもいっぱいありましたが、甘いパンをデザート代わりにしたのでお腹がいっぱいで断念しました。

その後、チェックアウトの11時まで2度寝をして露天風呂に入ってと滞在を満喫させていただきました。

自宅に帰ってから、食べすぎから太ってしまったことを後悔しております。

近くの熱帯植物園

ホテルの近くに熱帯植物園がありましたので観光してきました。

写真で見た温泉に浸かる日本猿が気になっていましたのでどんなものかと期待して…

植物園

温室の中はそれは暑くて汗が出てきそうでした。

でもお花はとても綺麗でしたので見る価値はあります。

花
花2
猿山

ところが、この日は暑かったので猿も温泉に浸かるどころか日陰で休んでいました。

せっかく買った餌も食いつきが悪くて面白く無い(笑)

冬に来た方が良いのかな?

スイーツおすすめのお店

気を取り直して駅に戻ってきました。

新しい複合施設「HAKOVIVA(ハコビバ)」が駅前に去年の12月にオープンしており、ソフトクリームを食べて休憩です。

複合施設「HAKOVIVA(ハコビバ)」については下記でも紹介しておりますので覗いてみてください。

スイーツが好きな方はおすすめのお店です。

ソフトクリーム

写真はマロンソフトクリームと桃のデザートです。

駅のロータリーに面したこのお店は

スイーツのお店

プティメルヴィーユ お店の中にはスイーツがいっぱいです。

店内

帰りの新幹線の中で食べるデザートもここで買ってしまいました。

ソフトクリーム大変美味しかったですよ。

五稜郭のソフトクリーム

五稜郭と言えば、新撰組です。

そうです、新撰組ソフトクリームを食べにきました。

決して五稜郭を見に来たわけではありません。(嘘)

本日、2個目のソフトクリーム

お味はラムネです。暑かったので爽やかでさっぱりしたラムネ味がマッチしておりました。

ソフトクリーム
ソフトクリーム

五稜郭タワーも登ろうかと思っていましたが、今回は混んでいたのでコロナを恐れて断念しました。

実はジェラートのお店もタワー2階にあるのですが、流石に断念しました。ちなみにタワーを登ってもソフトクリームが食べられるお店があるので3店舗制覇したかった。

五稜郭から見たタワーです。

タワー

天気も良くて北海道の気候が清々しいです。

定番の函館山

夕方になったので函館登山バスで函館山に向かいます。

ここでお得情報「1日バス券」、「市電、バス共通券」を購入すると函館山山頂までバスで行けますので便利だしお得ですよ。

冬場は運行していませんので注意してください。

石碑

まだ明るいうちに到着してしまいました。

本日は山頂のレストランで夕食を兼ねて夜景を見ます。

サッポロクラッシック

とりあえず、レストランで一杯いただきます。

夕暮れ

山頂から下界を見ると雲が掛かって神秘的です。

夜景

一時期に比べると明かりが少なくなったと聞いておりましたが、これだけ光っていれば満足です。

確かに以前来た時の方が綺麗だったようにも思います。

函館山山頂レストランジェノバ公式サイト

https://334.co.jp/restaurant/

帰りの新幹線で

帰りの新幹線の中で夕食として買ってみました。

匂いにつられて買ったのは言うまでも無いです。

ハセガワストア
ハセガワストア2

ハセガワストアの焼鳥弁当です。そして、北海道限定サッポロクラシック

やきとりと合いますね。

ラッキーピエロのハンバーガーと悩みましたが、匂いに負けました。満足です。

そして、デザートは「プティメルヴィーユ」のスイーツ

デザート

メルチーズが美味しくておすすめです。またまた桃も買ってしまいました。

千秋庵の紙袋

函館駅前の千秋庵総本家ハコビバ店でどら焼きを購入。

どら焼き

種類が多くて悩みました。美味しかったので次は全種類1個ずつ買ってみようと思います。

まとめ

観光と言うよりは食べる旅行になってしまう今日この頃、体重が増える一方で困ってしまいますが、旅は美味しい物を食べる事が肝心なので、次の旅までにはダイエットして備えることにします。

美味しい物には目がありませんので、このような旅がこれからも続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました