コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション 宿泊&朝食(新メニュー)レビュー 【2022年2月版】

京橋トラストタワー Marriott Bonvoy

2022年2月、雪が降ると予報があり念のために予約してみました。

年が明けてから首都圏でも大雪が降ったりで気になっている天気。

2月連休前に大雪警報で電車が止まるかもしれないとのことで、まずいと思い東京駅近くの「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」に宿泊して対策を講じました。

結果から言うとそこまでの雪では無かったので大丈夫でしたが、同じように考えている方の多かったことか。(値段も直前では上がっていたようです)

悪天候の保険として東京駅近くの立地はさすがに助かります。

前回宿泊したのが9月の最終週で緊急事態宣言解除直前でしたので色々と制限がありましたが今回もまた、蔓延防止措置中。

前回の宿泊レビューはこちらからどうぞ

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 宿泊記 プラチナ特典
2021年9月 月末金曜日に宿泊してきました。立地は東京駅 八重洲南口から約4分、東京メトロ京橋駅からすぐという立地で文句なしです。ビジネスにも観光にも適したニーズに応えています。10月1日より緊急事態制限も解除さ...
沖縄をはじめ新たにオープンした軽井沢から犬山など国内11か所の人気ホテル&リゾートで、ベストフレキシブル料金より最大20%オフになる「今すぐご予約、あとでお支払い」料金をご用意しています。IHGリワード会員様はさらにお得に!次の連休や、ゴールデンウィーク、夏休みのご旅行も、今のうちにお得にご予約ください。ご予約:2022年4月25日(月曜日)まで |ご宿泊:2022年9月30日(金曜日)まで
フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅

アクセス

東京駅から徒歩4分

東京メトロ京橋駅からすぐ

八重洲地下街 24番出口から出ると近いです。

八重洲地下24番出口

チェックインは4階で

前回にもお伝えしましたが、ここのホテルは2階〜4階が客室で高層階のホテルではありません。

なので景色を期待してはいけません。

とりあえずは4階にフロントがあるのでエレベーターで向かいます。

1階エレベータホール

エレベータを4階で降りると左側がフロントになります。

4階フロント

フロントでお知らせを貰いましたがこのご時世では仕方ないですね。

ホテル館内お知らせ

本日のお部屋は2階のお部屋でした。

フロントが4階なのでまたエレベーターで2階まで降ります。

エレベーターホールを降りるとこの通り、ここのホテルの照明は暗めの印象があります。

先に進むとガラス扉がありますので左にカードキーをかざして中に入ります。

2階エレベーターホール

コートヤード東京ステーションのお部屋タイプは下記の通りです。

客室タイプ(2~4階)広さ部屋数
クリエイターズ コージーダブル16㎡6室
クリエイターズ ダブル19/20㎡34室
クリエイターズ クイーン19/20㎡45室
クリエイターズ ツイン 26㎡2室
クリエイターズ キング 26㎡1室
エディターズ クイーン26㎡6室
エディターズ キング23/24㎡10室
エディターズ コーナーキング27㎡6室
エディターズ ツイン23/26㎡29室
フォトグラファーズ コーナーツイン33㎡6室
キュレーターズ クイーン19㎡5室

ご覧になっていただいた通り、コンパクトなお部屋がほとんど

元々の予約は一番安い「クリエイターズコージーダブル」

正直よくわからないまま「大きなベッドにしました」とだけ言われてそのまま部屋に来た感じになってしまいました。

クリエイターズ クイーン?ダブル?

2階の223号室です。

本日のお部屋はクリエイターズ ダブル?クイーン?

本日は1人なのでどちらでも良いのですが。

223号室

いたってお部屋はシンプルな感じがして無駄がありません。

ダブルベッド

はっきり言って前回宿泊した部屋のイメージが緑に対して、こちらはオレンジ色の違いくらいでしょうか。

ダブルベッド

2階なので外の景色も見るまでもなく、昼間は人が歩いてるのが見えるくらい近いのでカーテンは閉めたままでした。

窓

目覚まし時計とコンセント、ライトのスイッチのみ

目覚まし時計&スポットライト

1人だとビジネス用途で宿泊を伴う方が多いと思われ、普段はこちらの部屋がアップグレード対象か。

確かにひとりだと十分だが、次回は二人になるとどの部屋になるか試してみよう。

デスク

デスクランプもクリエイターズルームのみ

デスクランプ

TVでも大雪のニュースが流れていた。

TV

グラス、カップはテレビボードの下。

茶器

お茶も箱に入っていました。

種類は意外に豊富です。

コーヒーはフロントに行けば貰えるのであえて飲まなくても良いかも

コーヒー、お茶

クローゼットは入口ドアの横

アイロンとアイロン台もあります。

クローゼット

バスルーム&洗面台

こちらも普通のビジネスホテルによくあるユニットバスタイプ。

ユニットバス

お風呂は綺麗なのですが、シャワーカーテンがなんだか男性の体臭臭さがあり。(そういえば前回の部屋も同じだったと記憶。カーテンの匂いかな?)

バスタブ

バスタブに詰め替えタイプのシャンプー、リンス、ボディーソープはありますが、別途「NIRVAE」というブランドのミニボトルタイプも用意されています。

バスアメニティ

プラチナ以上のエリート会員特典

特典は盛り沢山なので嬉しくなります。

  • 16時までのレイトチェックアウト(空室状況によって)
  • ウエルカムギフト 500ポイント
  • オードブルとドリンクをライブラリーバーで(イブニングサービス)
  • ドリンク3本(イブニングサービスとは別に)
  • 榮太郎のお菓子セット
  • 朝食無料
  • お部屋のアップグレード(空室状況によって)

イブニングサービス

なんと言ってもこちらの特典がプラチナ以上の方には嬉しいでしょう。

19時半までオードブル、ドリンクをいただけます。

イブニングサービスチラシ

オードブルをいただきにロビーに来ました。

プロジェクターの下にちょこっとだけあるのが分かりますでしょうか。

ライブリーバー

乾き物のおつまみが多め。

オードブル

同じ森トラストリゾーツ系列のコートヤード白馬と同じ匂いがしました。

こちらのサービスはお部屋に持って帰ることになっています。

ライブラリー

ライブラリーバーというだけあって、せっかく素敵な場所があるので本当であったらここでいただきたいですね。

ライブラリーバー
オードブル用のお皿

チェックインが遅く、19時過ぎにロビーに来たのですが、すでにオードブルはほぼ無い状況。

いただいたものが全てかは分かりませんがとりあえず。

サラダ、ポテトサラダ、サーモンのマリネ、鴨肉?ロース燻製のようなものをゲット

ドリンクは好きなだけ、とりあえず3本

オードブルと特典

ビール、酎ハイ等もケースに入っていましたが今回は貰いませんでした。

ちなみに19時半が過ぎてもドリンク3本チケットがあるので別途もらえます。

何回も取りに来てる方がいましたが、オードブルはオードブルです。

コートヤード新大阪のように立派な夕食にはなりませんので東京駅で別途お弁当買ってきた方が良いです。

コンビニも目の前にあります。

そういえば1階にレストランがあった事を忘れてました。

リーズナブルですのでインルームダイニング考えても良いかも。

インルームダイニングメニュー

マリオットバーガーが気になったのですが、時間が過ぎてからチラシを見たのでちょっと残念でした。

オードブルは前回宿泊した時の方が個別に貰えたので良かったかな。

ランバージャックの朝食(DINING&BAR LAVAROCK)

7:00~10:30(10:00 L.O.)

DINING&BAR LAVAROCK

前回宿泊した時には無かった(たぶん)メニューが増えていました。

  • アメリカンブレックファースト
  • 和膳
  • ランバージャック(カナダの朝食とありました)

前回は和食でしたので、やはり気になるのが「ランバージャック」

内容】

  • ソーセージ
  • パンケーキ
  • ワッフル
  • ベーコン
  • スクランブルエッグ
  • 温野菜
  • ポテト

先にドリンクがきます。

ドリンク

周りの方も結構な方が食べてたので人気高いです。

朝からスイーツ感覚でいただきます。

ランバージャック

そう言えば、朝食は部屋でもボックスにして食べられそうです。

前日の23時までに予約必須です。

レストランの天井

その他の施設等が気になった方は前回の記事をご覧になってください。

宿泊のまとめ

今回は半分は大雪対策で宿泊してきました。

半年経つとやはりサービスに変化があるようで、オードブルがセルフサービスになっていたり、朝食メニューが増えていたりで新しい情報を得ることが出来ました。

オードブルに関してだけ言うと前回宿泊した時のセットにして渡してくれた方が良かったと思います。

何度も取り来ている方がいたので遅く来るとオードブルが無くなってしまいますしね。

ただ、このようなご時世ですのでまた変化があると思います。

なるべく最新の情報を載せるようにしますが、明日から変更とかもあり得ますので、今回紹介した内容は参考程度にお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました